LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





OrionStar Robotics/新搬送ソリューションへ中型搬送ロボット発表

2024年07月01日/IT・機器

OrionStarは新しい中型搬送ロボット「LuckiBot Pro Carry」を発表し、工場、物流、倉庫などのシーンで卓越した搬送ソリューションを提供することを目指している。

<工場運搬ソリューションのイメージ図>
20240701orion - OrionStar Robotics/新搬送ソリューションへ中型搬送ロボット発表

複雑化する市場のニーズと激化する業界競争に直面し、企業は運用プロセスを最適化するために、より効率的で安全かつ柔軟なソリューションを必要としている。

LuckiBot Pro Carryは、最大150キログラムの荷重能力を持つ搬送ロボット。異なる搬送物の状況に対応するために、さまざまなアクセサリーを選択して形態を自由に変えることができる。工場の作業場、物流センター、大型倉庫で、精密部品から大型荷物の搬送においても、LuckiBot Pro Carryは容易に対応できる。

LuckiBot Pro Carryの150キログラムの荷重上限により、ほとんどの工場や倉庫環境での重物搬送タスクを処理でき、作業効率が大幅に向上する。

また、安全でユーザー視点の製品設計を図っている。前方と底部に複数の緊急停止装置が装備されており、緊急時に迅速にロボットを停止させることで操作の安全性を確保する。目立つ警告ライトと高感度の防衝突バーにより、運行中の安全性を向上。ロボットの頭部にハンドルが装備されており、地図作成や日常操作が容易になり、ユーザーがロボットをより簡単に管理および操作できるようになった。

さらに、ロボットの頭部と底部に二重のビジュアモジュールが装備されており、地図作成のステップが簡便になる。ユーザーは環境にコードを貼る必要がなく、ロボットは視覚とセンサー技術を用いて自主的に地図を構築およびナビゲーションを行い、使用の利便性と効率が大幅に向上する。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース