LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





商船三井/メタノール燃料の内航船「第一めた丸」進水式

2024年07月04日/IT・機器

商船三井グループの商船三井内航は7月3日、田渕海運、新居浜海運と共同保有し三菱商事の貨物を輸送する内航船舶「第一めた丸」の命名・進水式を行った。

<第一めた丸の進水式の様子>
20240704mol - 商船三井/メタノール燃料の内航船「第一めた丸」進水式

環境にやさしいメタノールを燃料とする国内初の内航船で、省エネ装置や運航支援・自動荷役システムなどを備えている。

2024年12月にカナサシ重工から引渡しを受け、国内メタノール輸送に従事する予定。

メタノールは従来の舶用燃料重油と比べ、SOx、地球温暖化の原因となるCO2、酸性雨などの原因となるNOxの排出量を削減できる。

商船三井グループは共有船主とともに、船舶輸送における環境負荷の低減に貢献していきたいとしている。

■第一めた丸概要
総トン数:約570トン
全長:約65.50m
全幅:10.00m
喫水:約4.38m
航海速力:11.15ノット以上
主機関:阪神内燃機工業 船舶用メタノール燃料エンジン「LA28M」1基

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース