ヤクルト/キリンHDとの合弁関係を解消

2009年03月05日 

ヤクルトは3月4日、キリンホールディングスとの合弁関係を3月31日で解消すると発表した。両社が設立したキリンヤクルトネクストステージは4月1日から完全子会社「ヤクルトヘルスフーズ」として仕切り直し、事業を開始する。

今回の合弁解消は、競争激化など事業環境の変化を受け判断したもので、事業戦略を見直し完全子会社化を決定したもの。子会社への移行後は生産拠点の統合や本社機能の移転、新たな商品開発などを行い、経営基盤を強化。市場の変化に対応していくとしている。

事業方針としては、ヤクルトグループのプロバイオティクスを活用した商品、契約農家と協同し栽培した高品質のケール・大麦若葉を使用した青汁商品などを製造・販売し、青汁事業をコア事業としてトップメーカーを目指す。

最新ニュース

物流用語集