西濃運輸/ネットショップに出荷支援システム

2010年06月24日 

西濃運輸とGMOメイクショップは6月24日、GMOメイクショップが運営するネットショップ構築サービス「MakeShop」と、西濃運輸の提供する出荷支援システム「カンガルーマジックII」との連携を30日から開始すると発表した。

連携により、「MakeShop」において、商品の注文情報を「カンガルーマジックII」対応のCSVファイルで出力することが可能となる一方、出力したCSVファイルを「カンガルーマジックII」へ取り込むことで、出荷状況の連動や、出荷伝票の作成、送り状の印刷が容易に実現でき、ネットショップ運営者の作業効率化を支援する。

GMOメイクショップ社が提供する「MakeShop」は、個人から中小規模商店、有名専門ショップや大型ショップまで、国内1万8000店舗以上の導入規模を持つ、高機能ネットショップ構築サービス。西濃運輸が提供する出荷支援システム「カンガルーマジックII」は、ネットショップなどの注文データを元に、効率的に出荷伝票作成や送り状印刷ができるソフトウェア。

「MakeShop」の注文管理画面から、運営ショップの注文データを「カンガルーマジックII」の出荷支援システムに対応したCSVデータに自動変換して抽出。抽出したCSVデータを「カンガルーマジックII」の管理画面から登録することで、商品の出荷状況の連動や、出荷伝票の作成、送り状の印刷が可能となる。

出荷支援システム「カンガルーマジックII」は、人的コストを掛けることなく、出荷状況の管理、請求管理、送り状印刷などができ、効率的な運営を実現する。

最新ニュース

物流用語集