プロロジス/米国で複合施設資産を429億円で売却

2010年12月22日 

プロロジスは12月22日、米国の小売業と複合用途の資産を5億500万ドル(約429億円)で売却することを発表した。

売却先はTPGキャピタル社の関連会社(以下:TPG)。

今回TPGに売却するのは、ショッピングセンター、オフィスビル、複合用途施設の開発プロジェクト、住居開発の合弁会社、ロサンゼルスのユニオン・ステーション(商業施設やオフィスビルなどを含めた複合開発の鉄道ターミナル駅)、賃借中の土地や施設用地などの所有権および一部の持ち分が含まれている。

売却手続きは2011年第1四半期中に完了する予定。なお、今回の売却で得た資金は負債の削減や新規の開発に充てる予定、としている。

最新ニュース

物流用語集