NTN/インド南部に第2の生産拠点を設立

2011年02月26日 

NTNは2月25日、インド第2の生産拠点として、南部チェンナイ地区にNTN NEI Manufacturing India Pvt. Ltd.(NNMI)チェンナイ工場を設立し、2012年4月から等速ジョイントと第3世代ハブベアリングの製造・販売を開始すると発表した。

<チェンナイの新工場>
20110225ntn - NTN/インド南部に第2の生産拠点を設立

NTNは、インド北部に位置するバワール工場で等速ジョイントを生産。経済成長が著しく自動車需要の増加が期待できるインドで、2番目の工場となるチェンナイ工場を設立・稼動させ、南部に位置する自動車メーカー向けに等速ジョイントと第3世代ハブベアリングの生産を開始し、インドでの事業拡大を加速させる、としている。

■新工場の概要
工場名:NNMI Chennai Plant
所在地:Plot No. P48/1, Domestic Tariff Area, Mahindra World City, Chengelpet Taluk, Kancheepuram, Tamil Nadu-603 002. India
事業内容:等速ジョイントおよび第3世代ハブベアリングの製造・販売
生産開始:2012年4月
敷地面積:約4万1000㎡
延床面積:約1万1000㎡

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集