SBSホールディングス/グループの総合物流システム、LED照明導入

2011年03月02日 

SBSホールディングスは3月2日、同社グループの総合物流システムが2月27日に東雲事業所の中間処理工場の照明設備全基にLED照明を導入したと発表した。

<高天井用LED>
20110302sbs1 - SBSホールディングス/グループの総合物流システム、LED照明導入

<LED照明が取り付けられた様子>
20110302sbs2 - SBSホールディングス/グループの総合物流システム、LED照明導入

東雲事業所ではこれまで工場内の照明設備に200W水銀灯を使用。しかし、夜間作業時の照度が不足していたこと、また、設置後3年が経過し定期交換も近づいていることから設備の変更を検討。

より明るい 400W水銀灯も検討したが、長寿命で省エネ効果が高く、環境負荷の低いLED照明の導入をした。

今回導入したLED照明は工場内15基と屋外駐車場3基の計18基。明るさも倍の 400W相当の照度を確保できるタイプ。省エネ効果は 400W水銀灯と比較して、年間約1450kWhの消費電力削減になる。

また、環境負荷軽減では年間約550 ㎏のCO2削減効果があり、樹齢50年の杉の木39本が1年間に吸収する量に相当するという。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集