LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本郵船/アジア~北米東岸航路で韓国・現代商船と共同運航

2011年04月01日/3PL・物流企業

日本郵船は3月31日、所属する定期コンテナ船共同運航組織「グランドアライアンス」とイスラエルのZIM社は、現在協調配船を行っているアジア~北米東岸航路で、韓国の現代商船との協調を開始すると発表した。

既存のSCE(South China East Coast Express)サービスに加えて、5月12日から新たにSCE2(South China East Coast Express 2)サービスを開始するなど、より充実したサービスを提供する。

SCE2サービスは韓国・華中(中国)・華南(同)と北米東岸間を効率的に結び、既存のSCEサービスを補完する。また、既存のSCEサービスもマイアミを新寄港地として加える。

新規協調開始後のアジア~北米東岸航路は、SCEが高雄(台湾)~蛇口(中国)~香港~ニューヨーク(米国)~ノーフォーク~サバナ~マイアミ~高雄となる。5月13日より開始。

また、SCE2は釜山(韓国)~上海・大小洋山(中国)~アモイ(中国)~ダーチャンベイ(中国)~香港~塩田(中国)~マンザニーロ(パナマ)~キングストン(ジャマイカ)~サバナ~チャールストン(米国)~キングストン~マンザニーロ~釜山となる。5月12日より開始。

なお、グランドアライアンスは、日本郵船(日本)、Hapag-Lloyd社(ドイツ)、OOCL社(香港)の3社で構成する定期コンテナ船共同運航組織。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース