安川電機/開梱ロボット開発、資材開梱でニプロファーマが導入

2011年05月18日 

安川電機と鹿島建設は5月18日、医薬品工場や食品工場において、原料の段ボールや紙袋などの梱包を開封するロボットシステム(自動開梱システム)を開発したと発表した。

<段ボールの開梱作業>
20110518yasukawa1 - 安川電機/開梱ロボット開発、資材開梱でニプロファーマが導入

ダンボールと紙袋で提供される原材料の開梱作業を自動で行い、あらかじめ原材料のデータを複数登録しておくことで、異なる外形の荷姿にも対応可能となっている。

すでに、ニプロファーマの伊勢工場(三重県伊勢市)での資材開梱作業への導入が決まっている。

自動開梱システムは、安川電機と鹿島建設が2009年から共同で進めている、医薬品・食品工場の生産ラインにおけるロボット適用研究の成果によるもの。

安川電機が開発した双腕形ロボット「MOTOMAN-SDA20D(可搬重量:片腕20kg)」を中心に、ロボットへの原材料の供給、開梱した原材料の搬送と剥離した外装の回収を行うコンベヤ群から構成している。

<紙袋の開梱>
20110518yasukawa2 - 安川電機/開梱ロボット開発、資材開梱でニプロファーマが導入

ロボットは人間の腕にあたる「ロボットアーム」、人間の手にあたる「ハンド」、複数のツール(道具)を用いて、対象物の位置決め、カッターナイフによる外装切断、原材料の取り出し、外装の解体・回収等を行う。

作業対象物の位置を認識したり、動作の完了を確認するための各種センサーを備え、作業ミスの防止機能、リトライ機能を有している。

1台のロボットで、ダンボールと紙袋の開梱作業を24時間稼動が可能で、人と同等の時間で行うことができる。

システムがコンパクトで、独立しているため既存施設への導入が容易としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集