三菱倉庫/ベトナム・ラオス・カンボジア間の物流ネットワーク構築へ

2011年06月15日 

三菱倉庫は6月14日、ベトナム・ホーチミン市に現地企業と合弁で現地法人「MLC ITL Logistics Company Limited」を設立し、営業を開始する予定、と発表した。

合弁相手のIndo Trans Logistics Corporationは、1999年に設立されたベトナム有数の総合物流事業者。

三菱倉庫は2007年4月にホーチミン市に駐在員事務所を開設、ベトナムでの輸出入貨物取扱や国内ロジスティクス業務について現地法人の設立を検討してきた。

顧客のニーズにあった迅速かつきめ細やかなサービスを提供するため、ホーチミン市に合弁で現地法人を設立。 現地法人設立により、同社は本格的な事業展開を進める。

ベトナムにおいて、ホーチミン及びハノイ両地区に拠点を開設、倉庫、国内輸送、流通加工、航空・海上輸出入貨物取扱いなどのサービスを提供し、現地ロジスティクス事業を展開する。

今後の展開として、日越間、中越間やベトナム・ラオス・カンボジアなどインドシナ諸国内の物流ネットワークの構築を積極的に進め、中国及びアジア諸国を中心とした国内外一体のロジスティクス事業の拡充を図る。

■新会社の概要
会社名:MLC ITL Logistics Company Limited
所在地:ホーチミン市(本社)、ハノイ市(支店)
事業目的:倉庫、国内輸送、流通加工、航空・海上輸出入貨物取扱い
設立時期:2011年7月1日(ハノイ支店は開設準備中)
資本金:200億ベトナムドン(約8600万円)
出資比率:三菱倉庫51%、Indo Trans Logistics Corporation49%
(執行役3名のうち2名に同社職員が就任)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集