LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

三井物産/2億米ドル投資し、ブラジルで合弁会社

2011年07月20日/物流施設

三井物産は7月20日、米国化学品大手のザ ダウ ケミカル カンパニー(以下:ダウ社)とブラジルでダウ社の子会社の株式50%を取得し、合弁契約を締結したと発表した。

この合弁事業では、ダウ社と共同でサトウキビ農園運営から世界最大規模のバイオプラスチック他を一貫製造することを計画。三井物産が注力するグリーンケミカル事業において、糖質資源の基盤を確立する重要な機会と位置付けている。

将来的には本合弁事業を通じて構築するブラジルでの糖質資源基盤を活用し、優れた技術を持つメーカーを誘致することで、糖質由来の様々な化学品事業を展開し、更なる価値創造に挑戦する。

バイオマス資源からの化学品事業展開を志向する三井物産と、伸長著しいブラジル市場でバイオエタノールを原料とするバイオポリエチレン製造を目指すダウ社との意向が合致し、この合弁事業を推進することになった。

■株式を取得した会社の概要
名称:Santa Vitoria Acucar e Alcool Ltda
所在地:ブラジル Minas Gerais 州 Santa Vitoria 市
事業内容:サトウキビ農園運営、化学品原料としてのバイオエタノール製造事業。 バイオエチレン、バイオポリエチレン及びバイオマス
資源からの化学品製造販売事業へ順次拡大予定。
出資比率(出資後): ダウ社50%、三井物産50%
当社投資額:約2億米ドル

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際に関する最新ニュース

最新ニュース