センコン物流/4月~6月の売上高9.5%減、営業利益2.1倍

2011年08月09日 

センコン物流が8月9日に発表した2012年3月期第1四半期決算によると、売上高27億3100万円(前年同期比9.5%減)、営業利益9500万円(119.3%増)、経常利益9000万円(168.4%増)、当期利益2200万円(前年同期は当期損失4600万円)となった。

新規顧客の獲得と既存顧客の取引拡大に努めるとともに、商物一体物流サービスにおいては、鳥取県ロシアビジネスサポートシステム設置運営業務を受託し、ロシア極東地域での事業基盤の伸長を図った。

売上高は、貨物の輸送量・取扱高が増加し運送事業及び倉庫事業とも増収となったが、乗用車販売事業では、サプライチェーンの寸断等による自動車生産の大幅な落ち込みが新車販売に大きく影響した。

通期は、売上高119億3000万円(0.9%増)、営業利益3億2000万円(26.7%増)、経常利益2億6000万円(44.2%増)、当期利益1億2000万円(‐)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集