国交省/神戸港、コンテナターミナルゲートオープン24時間化開始

2011年10月27日 

国土交通省は10月27日、神戸港において、共同デポを活用してゲートオープン時間を24時間化するモデル事業を10月31日より開始すると発表した。

これにより、神戸港すべてのコンテナターミナルの輸出入貨物を24時間取扱うことが可能となる。

既にモデル事業として「コンテナ物流の総合的集中改革プログラム」の一環として、東京港、横浜港、名古屋港、四日市港、神戸港と大阪港の6港26ターミナルにおいて、ゲートを20時まで拡大するモデル事業を実施している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集