DHLサプライチェーン/再利用可能な梱包資材共同開発

2011年11月04日 

DHLサプライチェーンは11月4日、輸送時の環境負荷低減のため、ノートパソコン製品などの精密機器の背高貨物輸送向けに再利用可能な梱包資材「2メートル版グリーンエコベルト」を、エコビズと共同開発し、11 月より全国で初めて、荷主である富士通の協力を得ながら同社の製品輸送に適用を開始したと発表した。

「2メートル版グリーンエコベルト」は、DHLサプライチェーンが環境に配慮した包装資材開発に取り組んでいるエコビズ社と合同で、製品の輸送における環境負荷の低減を目的に開発した梱包資材。

富士通のノートパソコン製造工場より国内配送ターミナルに輸送する際、環境負荷低減を目的に、貨物の積載効率を高める施策として、高さ2 メートルを超える背高貨物での輸送を推進している。

しかし、さらなる環境負荷低減のためには、移動中の荷崩れを防ぐため使用されているストレッチフィルムが、1回限りの使用にしか耐えず使用後は産業廃棄物として処理されることが課題だった。

ストレッチフィルムに代り、何度も繰り返し使用でき耐久性に優れ、背高貨物に対応可能な梱包資材である「2メートル版グリーンエコベルト」を開発・採用することで、年間約7トンにのぼるCO2排出量の大幅な削減を実現し、輸送時の3R(Reduce,Reuse.Recycle)の効果向上を図る。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集