ジック/超小型で軽量なレーザスキャナ発表

2012年01月24日 

ジックは1月24日、超小型かつ軽量サイズのレーザスキャナの新製品「TiM310」を発表した。

<TiM310の筐体イメージ>
20120124gic - ジック/超小型で軽量なレーザスキャナ発表

TiM310 は無人搬送車(AGV)の衝突防止や倉庫など保管スペースにおける有無検知、ワークのはみ出し検出などといったアプリケーションで利用される障害物検知用スキャナ。

ジック独自のHDDM(高密度距離計測)技術により外乱光に強く、安定した測定を可能にした。

270°の広角スキャンをもち、標準装備のタッチ&ティーチ機能によりPC を使わない設定を実現。同種モデルの半分以下の省電力性能(代表値:3W)により特にバッテリー駆動の可動アプリケーションに適している。

無人搬送車(AGV)の衝突防止やファクトリー・オートメーション(FA)、ロジスティックにおける各種アプリケーションに対してサイズ、機能、価格の全ての面で顧客利益を提案できる新製品、としている。

国内発売日は1月24日、販売価格はオープン価格。販売注力業界は搬送物流、自動車、エレクトロニクス、半導体業界。

初年度販売目標は1000台。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集