コカ・コーラウエスト/製販計画同期化

2012年02月07日 

コカ・コーラウエストは2月7日に発表した2011年12月期決算の会社の対処すべき課題として、ビジネスモデルの変革を掲げた。

営業・物流・市場実行の3つの領域で得意先ごと、自動販売機ごとに提供すべき最適なサービスモデルを定め、そのモデルに沿った市場活動を実施する。

物流プロセス改革として、得意先、自動販売機までの情報経路、仕事の仕方、情報システム、物流経路、体制を改善する。

市場での欠品や滞留・廃棄が発生しないよう、販売計画、需要計画、供給計画の柔軟かつ迅速な製販計画同期化を図る。

中長期的視点で生産拠点と生産能力を市場や販売計画に合わせ、製造拠点の最適配置適正化を進める。

最新ニュース

物流用語集