LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

富士通/世界の拠点システムをオペレーションするソリューション発表

2012年02月22日/国際

富士通は2月22日、グローバルに展開する設計・生産・販売・物流など複数の拠点を保有する企業に向けたグローバルソリューション「GLOVIA ENTERPRISE」を発表した。

「GLOVIA ENTERPRISE」は、ローカル品番を変更することなく全社マスターを統一する「グローバルマスタ」、見える化とアラーム情報で判断を支援する「グローバルモニタリング」、月次サイクルで計画と実需の差異の把握と需給調整を行う「グローバルPSI」の3つの製品群で構成している。

これにより、製造業の顧客は、市場の拡大や災害対策を考慮した複数国への生産展開や需要変動に応じた拠点横断的な需給調整といったグローバルなサプライチェーンを活かした、ダイナミックで柔軟なグローバルオペレーションとマネジメントが可能になり、生産、販売、在庫の最適化、ひいては収益の拡大につなげることができる。

たとえば、タイ洪水被害でも、いち早く被害を受けたタイの拠点からベトナムなりの近隣諸国への代替生産に切り替えることが可能となる。

<GLOVIA ENTERPRISEの位置づけ>
20120222fujitsu - 富士通/世界の拠点システムをオペレーションするソリューション発表

世界展開する企業では各国の拠点ごとにSAPやPRONESなど、本社基幹システムとは異なる業務システムで動いている場合が多い。拠点ごとのシステム導入により、品目コードなどが不統一で分析も統制もできない。また、拠点を横断した需給計画変更が複雑化し、タイムリーな見直しができない。

従来は、これらを実現するためには、各拠点のシステムもすべて変更しなければならなかったが、拠点のシステムを変更することなく、グローバルソリューションを実現するために開発したのが「GLOVIA ENTERPRISE」。

8月から販売開始し、販売目標を3年間で150億円と見込んでいる。1システムはパッケージ価格として2000万円からで、50社程度を目標としている。

詳細な内容は下記URLを参照
http://jp.fujitsu.com/solutions/industry/glovia_enterprise/?pr0222

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース