住友電工/インドネシアに切削工具の製造会社設立

2012年03月23日 

住友電気工業は3月23日、インドネシアのSomagede社と切削工具製造の合弁事業契約を締結すると発表した。

同国での生産・供給体制の強化、技術サービスの一層の向上、販路の拡大を目的に、切削工具等の商社Somagede社と合弁で、製造会社を設立するもの。

新会社では、鋼、鋳物の穴あけ加工に用いる超硬ドリル、自動車部品などに用る焼入鋼や鋳鉄を切削するためのCBN焼結体チップ、自動車用アルミ部品を切削するためのダイヤ焼結体チップなど、インドネシア市場でのシェア拡大を目指す。

■新会社の概要
社名:PT. SUMIDEN HARDMETAL MANUFACTURING INDONESIA(仮称)
所在地:インドネシア共和国 西ジャワ州カラワン県 カラワン工業団地
事業内容:超硬工具、ダイヤ焼結体工具、CBN焼結体工具の設計・製造・修理・販売
資本金:750万USドル(約6億円、1USドルを80円で換算)
出資比率:住友電工ハードメタル80%、Somagede社20%
設立:2012年6月(予定)
生産開始:2013年4月(予定)
従業員数:約100名(2014年度)
売上計画:約7億円(2015年度)

最新ニュース

物流用語集