日立建機/グローバル価格管理ソリューションを採用

2012年04月19日 

スウェーデンのグローバルSCMソリューションプロバイダ、シンクロン・ジャパンは4月19日、日立建機がシンクロンが提供するグローバル価格管理ソリューションの導入を決めたと発表した。

導入目的は、業務手法の標準化、作業の効率化、部品粗利の改善、市場価格にあった部品定価の設定。

採用理由として日立建機では、要件や課題をシンクロンと共有でき、実データを使って検証や操作ができたのでメンバー全員が事前に内容を理解することができ、ストレスなく導入を決めることができたという。

さらに「要件とパッケージのギャップに関して、シンクロンが製品に取り込んでいくことをコミットしてくれたので、アドオン開発をしなくて済んだ。パッケージには柔軟性があり、バージョンアップの度に新機能が追加されるのは魅力的だった」としている。

シンクロンでは、スウェーデンからCEO,営業担当役員、開発責任者が来日し、何度も打合せをすることにより課題や不安材料を解消を図った。

日立建機の責任者にスウェーデンの既存ユーザーの訪問で現場での取組などを紹介するなどの導入支援も進めていた。

問い合わせ
シンクロン・ジャパン
担当:筒井
toshihiko.tsutsui@syncron.com
TEL:03-5545-5446
http://www.syncron.com/ja/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集