OCS/基幹物流システムを構築

2012年07月05日 

日本アイ・ビー・エムとANAグループのOCSは7月5日、OCSの主力事業である国際航空貨物業務における営業、物流、カスタマー・サービス管理を対象にした基幹物流システム「WiLL」を構築し、4月2日より稼働開始したと発表した。

「WiLL」は、2009年に構想策定を開始し、2010年からのシステム構築を経て、本年4月より稼働開始した。

OCSはこれまで、顧客支援や物流業務をサポートする複数のシステムが個別に構築されていたが、新システムの稼働により、顧客情報管理などの営業管理、集荷から配達までの物流管理、輸出入通関システムとの連携、問合せ対応などのカスタマー・サービス管理を、統合された情報に基づいて行うことができるようになるため、貨物ハンドリングの作業工数の削減や、顧客や他拠点とのタイムリーな情報連携が可能となった。

これにより、物流業務全体の効率化や高品質化、海外拠点との連携強化を実現し、顧客満足度向上や収益力向上を図る。

最新ニュース

物流用語集