SBSHD/グループ2社、東京都の燃費評価事業者に決定

2012年08月31日 

SBSホールディングスは8月31日、東京都が今年度から開始した貨物運送事業者の燃費評価制度(試行)で、SBSグループから2社が燃費評価事業者に決定したと発表した。

グループ2社のうち、日本レコードセンターは3星評価、ティーエルロジコムが2星評価だった。

東京都による評価制度が開始されることを受け、2社は同制度を積極的に活用することで、さらなる燃費改善とCO2削減が推進できるものと考え、申請の結果、評価を得たもの。

SBSグループは、物流事業を営む15社で約3000台のトラックを保有。そこから排出されるCO2は、グループ全体の年間排出量約7万トン(2011年度)の8割を占めている。

グループは、車両への環境対策に注力。エコ安全ドライブの推進や低公害車の導入促進などグループをあげて環境負荷低減に努めている。

制度が本格運用となる2013年は、2社以外で申請要件を満たすグループ企業も挑戦する予定。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集