日立/グローバルサプライチェーンのトータルコスト算出技術開発

2012年11月27日 

日立製作所は11月27日、日立物流の協力のもと、グローバル企業のサプライチェーンを最小コストで実現するため、調達先、生産工場、保管倉庫などの拠点配置の最適化技術を開発したと発表した。

開発技術は、製品の種類、生産コスト、リードタイム、製造ラインの原価償却などサプライチェーンを構成する際に発生するさまざまなコスト要因を考慮して、国内外拠点の配置によるトータルコストの変動を算出する。

この技術は、工場の製造ラインの構成や優遇制度を前提とした関税率(特恵関税率)なども考慮できるという特長があり、グローバル企業においてサプライチェーン構成を決定する際のトータルコスト評価に適用できる。

日立は、今回開発した拠点配置の最適化技術をもとに、グローバル展開する企業のサプライチェーンマネジメントソリューションを提供していく。

問い合わせ
日立製作所
横浜研究所 企画室
TEL:045-860-3092(直通)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集