大日本印刷/8億円投じ、米国でインクリボンの生産設備増設

2012年12月20日 

大日本印刷は12月20日、米国ペンシルバニア州、ピッツバーグ工場のバーコード用熱転写インクリボンの生産設備を増設し、生産リードタイムの大幅な短縮を図り、北米・中南米での競争力強化を目指すと発表した。

投資額は約1000万USドル(約8億円)で、稼動開始は2013年5月の予定。

■ピッツバーグ工場の概要
運営会社名:DNP IMS America Corporation
所在地:1001 Technology Drive, Mt. Pleasant, PA 15666-1706, United States
設立:1994年
延床面積:約1万4000㎡ (増設後)
生産能力:約5500万㎡/月 (増設後)

最新ニュース

物流用語集