プロロジス/ヨーロッパでノルウェー中央銀行と合弁企業設立

2012年12月25日 

プロロジスは12月25日、合弁企業であるプロロジス・ヨーロピアン・ロジスティクス・パートナーズ社の設立について正式契約したと発表した。

同社はプロロジスがヨーロッパ内の11の主要なグローバルマーケットで100%所有していた高品質の物流施設ポートフォリオを取得する。

プロロジス・ヨーロピアン・ロジスティクス・パートナーズは、24億ユーロ(約2640億円)のうち12億ユーロ(1320億円*)をパートナーであるノルウェー中央銀行の投資運用部門(NBIM)とプロロジスが出資する合弁会社となる。

負債比率は総資産額の15%以下となる予定で、満期時に返済され、全額出資金での運用となる。

契約成立後、プロロジス・ヨーロピアン・ロジスティクス・パートナーズは安定稼働中の195物件、約450万㎡のポートフォリオを取得する。

これらのポートフォリオのうち約75%は旧プロロジス・ヨーロピアン・プロパティーズ(PEPR)ファンドで保有した物件で、25%はプロロジスが直接保有していた物件。

今回の合弁により、プロロジスは当初の計画より早くヨーロッパでの資本再構築を完了する。

これらのプライベート・キャピタル事業はプロロジスの成長の原動力となり、グローバルでカスタマーへ新たな物流施設の提供を可能とすると同時に、プロロジスの資本効率の再配置や収入の多様化をもたらすことを可能とするもの。

プロロジス・ヨーロピアン・ロジスティクス・パートナーズの当初運営期間は15年で設定されているが、さらに15年の延長が可能で、契約成立より2年経過後、プロロジスは持ち分を20%に縮小することができる。

最新ニュース

物流用語集