横浜ゴム/トラック用タイヤ空気圧モニタシステム、リニューアル

2013年03月01日 

横浜ゴムは3月15日、走行中にタイヤの空気圧、タイヤ内空気温度をリアルに管理するシステム「HiTES(ハイテス)」をリニューアルした。

<3.5インチ液晶タッチパネルの表示機>
20130301yokohama - 横浜ゴム/トラック用タイヤ空気圧モニタシステム、リニューアル

リニューアルは、ホイールリムに設置するセンサユニットと運転席に設置する表示機を見直した。

センサユニットは従来のバンド固定方式に比べて取付けが簡単なバルブ固定方式にし、既存のJIS規格、ISO規格リムのほか、新型大型トラックの新ISO規格リムにも対応するよう2種類をラインアップした。

表示機は1.5インチ有機ELパネルから3.5インチ液晶タッチパネルに変更して、視認性の向上に加え、タイヤローテーションやトレーラ切り替え作業時の操作ステップを大幅に簡素化した。

空気圧などの変化をドライバーに確実に知らせるため、ブザーの発音時間を6段階で調整できる機能も追加している。

「HiTES」はパンクやブレーキ異常発熱の早期発見といった安全対策に加え、適正な空気圧管理による燃費悪化の抑制やタイヤライフの向上、さらにはリトレッドタイヤへの活用などCO2削減や省資源といった環境対策にも貢献する。

燃料費の削減やメンテナンスの省力化によるコスト削減を実現する。同商品は様々な車両に対応しており、トラック・バスはもちろん、荷台を付け替えるトレーラにも装着できる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集