CBRE/首都圏のマルチテナント型物流施設は賃料と空室率、上昇

2013年05月23日 

CBREは5月23日、不動産投資に関するアンケートの最新調査結果を発表し、首都圏のマルチテナント型大型物流施設は「賃料」と「空室率」でごく僅かな上昇にとどまっているとした。

不動産取引量、売買取引価格、期待利回り、金融機関の貸出態度、投融資取組スタンスの各項目でも、改善を示すポイントが前期と比べてすべての項目で上昇している。

1年先の状況については、逆にほぼすべての項目で改善を予想する投資家の割合が低下。

比較的大量となることが予想される2013年の新規供給予定を踏まえ、上昇に歯止めがかかることを予測した結果と分析している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集