住友ゴム/高純度天然ゴムUPNRを低燃費タイヤに

2013年05月27日 

住友ゴム工業は5月27日、低燃費、耐摩耗性能に優れた高純度天然ゴム「UPNR(Ultra Pure Natural Rubber)」の開発に成功したと発表した。

新開発した「UPNR」は、製造プロセスの改良により製造時の劣化を改善する事に成功し、優れた低燃費性能と高い耐摩耗性能を両立する、全く新しい高純度天然ゴム。

「UPNR」の製造プラントをタイに建設中で、2014年以降に発売する、低燃費タイヤをはじめとする一部タイヤに順次採用していく。

これまで、素材を自在にコントロールすることを可能にした新材料開発技術「4D NANO DESIGN」(フォーディーナノデザイン)を2011年に完成。

この技術を合成ゴム、シリカ、カーボンに適用して新材料開発を進め、低燃費性能で「AAA」を獲得した低燃費タイヤ「エナセーブPREMIUM」、高い氷上性能を持つスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX」、トラック・バス用の低燃費オールシーズンタイヤ「エナセーブSP688」等に採用してきた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集