信越化学/500億円投じ、米国子会社の生産能力増強

2013年06月19日 

信越化学工業は6月19日、米国子会社のシンテックがルイジアナ州での電解、塩ビモノマーと塩ビ樹脂の生産能力を増強すると発表した。

完成は2015年頃を目指し、投資額は5億ドル(約500億円)と見込んでおり、シンテック社の自己資金で賄う計画。

増強する生産能力は、年間で塩ビモノマー約30万トン、カ性ソーダ約20万トン、塩ビ樹脂約30万トン、増設後のシンテックの塩ビ樹脂の生産能力は、ルイジアナ州の工場の既存分とテキサス州の工場を併せて295万トンとなる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集