LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/監視船等現場に到着、5隻で曳航を準備

2013年06月25日/国際

商船三井は6月25日、船体が中央部で2つの部分に破断し漂流中のコンテナ船「MOL COMFORT」の現況を発表した。

監視船1隻と曳航船3隻は6月24日に現場海域に到着し、現場海域に26日到着見込みの1隻とあわせ、合計5隻で曳航の準備を進めていくとしている。

船体前半部と船体後半部は、それぞれ北緯15度25分/東経67度53分付近、北緯13度48分/東経64度50分付近を漂流し、引き続き東北東へ移動している。現場海域の気象海象状況は荒天が続いている。

コンテナ貨物の一部が海上に流出したが、多数のコンテナ貨物が船体前半部と船体後半部に積載された状態であることを確認している。

なお、今回の事故の原因調査を、建造造船所である三菱重工業と開始。

現段階で原因の特定はできていないが、商船三井が運航する同型船全6隻に対しても乗組員による点検を実施するとともに、三菱重工業と船舶検査機関(日本海事協会)と共同で、速やかに安全点検を実施する。それに加えて、当面の措置として船体にかかる力を出来るだけ和らげるように運航上の配慮を講じている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース