エスライン/4~6月の売上高6.3%増、当期利益1000万円

2013年08月09日 

エスラインが8月9日に発表した2014年3月期第1四半期の業績は、売上高101億6200万円(前年同期比6.3%増)、営業利益2000万円(前年同期は6800万円の営業損失)、経常利益5300万円(前年同期は2800万円の経常損失)、当期利益1000万円(前年同期は2900万円の当期損失)となった。

物流サービス部門では、昨年運用を開始したインターネット通販で販売された商品の物流配送センターや、靴専門チェーン店の西日本物流センターのセンター運営で、今までに培った物流ノウハウをもとに、効率化を進めながら安定運営に努めた。

家電配送業務では、家電量販店の配送業務だけではなく、通販業界や家具販売業界が取り扱う設置作業の伴う大型商品の配送業務を取り込むなど、取り扱い商品の拡大に取り組んだ。

物流関連事業の売上高は99億8800万円(6.3%増)、営業利益は1億4700万円(114.7%増)となった。

通期は、売上高416億円(3.8%増)、営業利益7億円(33.6%増)、経常利益7億8500万円(20.7%増)、当期利益3億6500万円(58.3%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集