横浜ゴム/30億円投じ、インドネシア・バタム島に新工場

2013年10月07日 

横浜ゴムは10月7日、インドネシア・バタム島に海洋商品(空気式防舷材、マリンホース)の新工場を建設すると発表した。

<新工場建設予定地>

約30億円を投資し材料混合、成型、加硫までを行う工場を建設、2015年6月から生産を開始する。

現在、海洋商品の生産は日本で行っているが、新工場が完成すると 2工場体制となり、生産規模も現在に比べ約 1.5 倍に拡大する。

新工場はバタム島東部のカビル工業団地に建設。本年度中に製造会社として資本金10億円で「横浜工業品製造インドネシア」を設立する。

約5万㎡の土地使用権を取得し建設するが、将来的には隣接する土地区画への拡張も計画している。

最新ニュース

物流用語集