三井造船/神戸港に国内最大級コンテナクレーン、据付完了

2013年10月25日 

三井造船は10月25日、コンテナクレーン(22列対応型)3基を、神戸港ポートアイランドPC16、17バースに搬入据付を完了し、11月の稼働開始に向け現在試運転調整の作業を行っていると発表した。

<試運転調整のコンテナクレーン>
20131025mitsuiz - 三井造船/神戸港に国内最大級コンテナクレーン、据付完了

神戸港埠頭から昨年受注し、大分事業所で製作し、22列大型コンテナ船に対応し、荷役効率を向上させるツインリフトスプレッダを搭載しており、超大型地震(レベル2地震動)に耐える免震装置を備えている。

■コンテナクレーン諸元
定格荷重:コンテナ:65t(20ftツインリフトスプレッダ)、重量物:75t
全揚程:56.5m(海側レール面上40.0m、レール面した16.5m)
アウトリーチ:63.1m
レールスパン:30.5m
バックリーチ:16m
総重量:約1400t(免震装置付)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集