日本郵船、MTIほか/エコプロダクツ大賞で国土交通大臣賞

2013年11月26日 

日本郵船とグループ会社のMTI、大島造船所は11月26日、船舶の省エネ技術「空気潤滑システム」の開発・運用が評価され、「エコプロダクツ大賞」の「エコサービス部門」で国土交通大臣賞(大賞)を受賞したと発表した。

今回受賞した空気潤滑システムは、空気を船底に送り込み、泡を発生させることによって、船体と海水の摩擦抵抗を低減させ二酸化炭素(CO2)削減効果を得るもので、日本郵船グループでは、2010年に三菱重工業との共同開発によるブロア(送風機)式空気潤滑システムをモジュール船2隻に搭載し、世界で初めて恒久的運用に成功した。

喫水の深い大型船舶への展開として、2012年には大島造船所と共同で掃気式空気潤滑システムを石炭運搬船に搭載し、実運用を開始した。

このシステムは貨物の積載量に応じて約4~8%のCO2削減効果が得られることが海上試運転時に確認されている。

日本郵船グループは今後も空気潤滑システムの実用化をはじめとする環境技術の積極的な導入を進め、地球環境と持続可能な社会に貢献していくとしている。

最新ニュース

物流用語集