野村不動産/グループの大型物流施設で太陽光発電

2013年12月03日 

野村不動産グループの横浜ビジネスパーク熱供給は、グループで開発している高機能大型物流施設「ランドポート」を活用して太陽光発電事業に参入する。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、ランドポートの屋根に太陽光パネルを設置し、発電した電力を電力会社へ売電するもので、2014年10月より事業を開始する。

竣工済のランドポート5棟(厚木、浦安、八王子、川越、春日部)に設置し、計5棟で出力する年間発電量は約412万KWhを予定している。

今後、野村不動産グループでは、年間複数棟のランドポートの開発を予定しており、事業の拡大を図っていく計画。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集