日立/コンテナ型蓄電システムを開発

日立製作所は、風力発電、太陽光発電といった分散型再生可能エネルギーを安定的に利用していくためのコンテナ型蓄電システムを開発した。

<適用イメージ>
20131203hitachi 500x350 - 日立/コンテナ型蓄電システムを開発

2014年初旬に、北米で実証試験を開始し、電力取引市場においてシステムの有効性を検証した上で、商用向けの製品に反映する。

さらに、蓄電システムを「CrystEna(Crystal+Energy)」と名づけ、グローバル市場において電力流通事業を拡大させるためのソリューション事業の推進を検討する。

コンテナ型蓄電システム「1MWリチウムイオン蓄電システムパッケージ」は、日立化成のリチウムイオンバッテリーを用いて、蓄電池の長寿命化対応をはじめとするシステム性能向上とコンパクトな設計による経済性の高さを実現し、長期使用期間に得られえる収益最大化のメリットを重視した。

電池の容量最適性、耐久性を検証し、さらに売電収入最大化の制御アルゴリズムを検証しノウハウを蓄積していく。

問い合わせ
日立製作所
電力システム社電力統括営業本部国際電力営業本部
担当:阿部、並木、大野
TEL.03-4564-6081(直通)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集