豊田通商/インドネシアに鋼管生産拠点設立

2013年12月10日 

豊田通商は12月10日、岡島パイプ製作所とインドネシアで小径薄肉精密電縫管の製造・販売を行うことになったと発表した。

新会社を11月にジャカルタ市郊外のKIM工業団地に設立し、2014年11月の操業開始を目指している。

■新会社の概要
名称:PT. Top Tube Indonesia
事業内容:普通鋼鋼管、表面処理鋼管、特殊鋼鋼管の製造販売とその付帯事業
設立:2013年11月
操業開始:2014年11月(予定)
所在地:Kawasan Industri Mitrakarawang JI Mitra 3, Blok D 30-32 KEL Parung Mulya KEC Ciampel (KIM工業団地内)
資本金:1200万米ドル(約12億円)
株主構成:岡島パイプ製作所53%、Top Tube Manufacturing37%、豊田通商8%、豊田通商インドネシア2%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集