鈴与/富士市に2.4万㎡の物流センター開業

2013年12月24日 

鈴与は、富士山フロント工業団地(静岡県富士市大渕)に建設を進めていた新物流センター「富士山フロント物流センター」が竣工し、営業を開始した。

<富士山フロント物流センター>

富士山フロント工業団地は標高約250mの富士山のふもとにあり、東名高速道路富士ICから約5km、新東名高速道路新富士ICから約2kmに位置している。

施設は、2階建てで、倉庫面積約2万4000㎡に約6000㎡の定温スペースを設け、海上コンテナ用プラットホームとトラックバースを備えている。

LED照明を全館導入し、太陽光発電設備の設置など省エネ・環境保全対策を充実させるとともに、自家発電機と蓄電池システムにより災害等による停電の場合にも、3日間センター運営が可能と、本格的にBCP対応している。

■富士山フロント物流センター概要
所在地:静岡県富士市大渕字城山2261-5
敷地面積:35,800㎡
倉庫所管面積:24,000㎡(鉄筋造2階建て)
床形式:海上コンテナ用掘り込み式プラットホーム(4基対応)、2t車用掘り込み式プラットホーム、低床式プラットホーム
荷役設備:エレベーター3基
垂直搬送機:1基
定温設備:5℃±5℃対応、15℃±5℃対応、30℃以下対応

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集