日本郵便/QRコード掲示の郵便ポストを情報発信拠点へ

2014年01月21日 

日本郵便、メディアシーク、京都府舞鶴市は2月1日、郵便ポストを情報発信拠点とし、QRコードを利用した、スマートフォン向け地域情報サービスを開始する。

<利用イメージ>

京都府舞鶴市の協力の下、京都府舞鶴市内にある190か所の郵便ポストに QRコードを掲示。地方自治体の協力の下でこのサービスを実施するのは、日本初の試みとなる。

サービスは、QR コードつきステッカーを貼った郵便ポストと、メディアシークの提供するスマートフォン向け無料QRコード/バーコード読取りアプリケーション「バーコードリーダー/アイコニットTM(アイコニット)」を使用する。

利用者が郵便ポストに掲示されたQRコードにスマートフォンをかざし、「アイコニット」を使ってQRコードを読み取ると、ポストの位置情報を活用して、ポスト周辺の「観光情報」、「地域情報」、「お店情報」等を閲覧することが可能になる。

日本語を含む6か国語に対応し、誰でも認識しやすい郵便ポストを目印に使うことで、海外からの観光客に対しても効果的な情報提供が可能になる。

メディアシークは、日本郵便との連携をはじめ、「アイコニット」を活用した地域情報発信サービスの強化・拡大を進めていく計画だ。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集