LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

キーウィル/日本市場に複合輸送管理システムを積極展開

2014年01月23日/SCM・経営

キーウィル(KEWILL)は1月22日、ボブ・ファレル(Bob Farrell)CEOが日本市場への積極的な姿勢を表明した。

<ボブ・ファレル(Bob Farrell)CEO>
20140123kewill1 500x347 - キーウィル/日本市場に複合輸送管理システムを積極展開

「複合輸送管理システムを提供するキーウィルは現在世界100か国、7500社でソリューションを提供している。グローバル化時代を迎えている今、内製ソフトで展開してきた日本のメーカーもグローバル化に直面している。キーウィルの輸送管理プラットフォームならば、どこにも負けないグローバルサプライチェーンが構築できる。積み重ねた35年の経験を武器に日本市場でも積極的に展開するつもりだ。また、継続的な投資も続けていくつもりだ。日本はアジア・パシフィック地区の重要顧客だ」と語った。

<Kewill Moveの図>
20140123kewill2 500x258 - キーウィル/日本市場に複合輸送管理システムを積極展開

Kewill MOVEプラットフォームは、貿易・輸送・保管・法令順守・管理・統合を支援する独立したモジュールで構成されるシングルプラットフォームを提供することで、サプライチェーン業務の一元管理を可能にするもの。

■Kewill MOVEプラットフォーム
http://www.kewill.com/software/kewill-move-platform/

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース