プロロジス/千葉県印西市に12.7万平方米の物流施設開発

2014年05月13日 

プロロジスは5月13日、千葉県印西市にマルチテナント型施設「プロロジスパーク千葉ニュータウン」の開発に着手すると発表した。

<完成予想図>
20140513prologi1 515x271 - プロロジス/千葉県印西市に12.7万平方米の物流施設開発

<位置写真>
20140513prologi2 515x278 - プロロジス/千葉県印西市に12.7万平方米の物流施設開発

約5万5100㎡の敷地に地上5階建、延床面積12万7500㎡の大型マルチテナント型施設として開発。着工は12月、竣工は2016年春を予定している。

大型車両が直接乗り入れ可能なランプウェイを2基設置し、各階に40フィートコンテナトレーラーが接車可能なトラックバースを備え、24時間体制の操業にも対応可能。

緊急地震速報システムや衛星電話等が備えられ、庫内を含む施設全体にLED照明を採用するほか、大規模太陽光発電システムも導入する予定だ。

首都圏から40㎞地点に位置し、首都圏物流の幹線である国道16号線に近接。整備が進められている国道464号線(北千葉道路)の開通により、交通利便性はより向上する。

2018年度までには成田と直結、将来的に東京外かく環状道路と接続する計画で、広域物流拠点としても期待できる立地。

千葉ニュータウン中央駅から徒歩圏内にあり、従業員の通勤の利便性も高く労働力確保に有利。

■概要
名称:プロロジスパーク千葉ニュータウン
所在地:千葉県印西市泉野
計画敷地面積:5万5100.91㎡
計画延床面積:12万7522.95㎡
構造:未定 地上5階建て
着工予定:2014年12月
竣工予定:2016年春

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集