宇徳/ASEAN地域統括会社設立

2014年05月30日 

宇徳は5月28日、ASEAN 地域の市場環境に対応するため、地域統括会社としてASIA UTOCをシンガポールに設立したと発表した。

この地域統括会社を中心に ASEAN 地域での広域運営体制を構築し、同地域での業務遂行に関する決裁権限を集約させ迅速な意思決定を行い、顧客と緊密なコミュニケーション体制を確立していくとしている。

ASIA UTOCは、UTOC ENGINEERING PTE.(シンガポール)、UTOC(THAILAND)(タイランド)と、宇徳ハノイ駐在員事務所 (ベトナム)を傘下に収め、宇徳グループの新成長戦略である宇徳ビジョン2020に掲げる「グローバル展開が可能な総合力ある逞しい企業グループの実現」、「新たな事業領域への挑戦と追求」を目的とし事業活動を推進する。

同地域の中でも今後の更なる経済成長が見込まれるミャンマー、インドネシアで、戦略的な事業展開に向けた市場調査、情報収集のため、2013年12月にヤンゴン駐在員事務所、ジャカルタ駐在員事務所を開設し、それぞれ2014年2月から活動を開始した。

■統括会社の概要
会社名:ASIA UTOC PTE. LTD.(シンガポール)
本社所在地:352 Jalan Boon Lay Singapore 619531
資本金:S$89万9560.00(2014年1月27日現在)
出資者:宇徳100%
設立:2013年8月

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集