ミニストップ/カザフスタン事業を撤退、センコーも

2014年06月23日 
関連キーワード:

ミニストップは6月23日、カザフスタン共和国でのコンビニエンス事業を終了し、現地の合弁会社の株式を売却すると発表した。

センコーも合弁会社への共同出資を行っていたが、同様に株式を売却する。なお、センコーの持ち株比率は10%だった。

2012年3月にRTS社、ミニストップ、センコーとカザフスタン共和国での合弁会社RTS-MS社を設立し、同年6月にエリアフランチャイズ契約を締結、昨年1月に1号店を出店していた。(2014年5月末現在:7店)。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集