上組/4~6月は増収増益

2014年08月11日 
関連キーワード:

上組が2015年3月期第1四半期の業績は、売上高605億7000万円(前年同期比2.3%増)、営業利益59億8600万円(2.8%増)、経常利益62億8100万円(0.3%増)、当期利益40億4500万円(5.1%増)となった。

スペイン最大の輸出入コンテナ取扱高を誇るバレンシア港のコンテナターミナルオペレーターに資本参加するなど、物流のグローバルネットワークの強化を図り、国内外の拠点網を駆使したサプライチェーンを活用し、顧客のニーズを取り込んだ「上組デザイン物流」を推し進めるとともに、徹底したコストの削減に取り組んだ。

セグメント別では、国内物流事業は、飼料や鉄鋼製品の取扱いが増加し、売上高510億1900万円(3.3%増)、セグメント利益54億9100万円(5.8%増)。

国際物流事業は、精密製品を中心とした貨物の取扱いが堅調に推移したものの、輸送費等の費用が上昇傾向にあったため、売上高81億1700万円(2.7%増)、セグメント利益2億7700万円(4.6%減)。

通期は、売上高2396億円(0.7%増)、営業利益225億円(2.6%増)、経常利益238億円(2.3%増)、当期利益151億円(1.1%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集