積水化学/物流サービス、一部有償化

2014年08月26日 

積水化学工業の環境・ライフラインカンパニーは8月26日、製造・販売するパイプ・継手などの物流サービスの一部を8月下旬出荷分より順次有償化すると発表した。

パイプ・継手・マス、保温材、雨樋本体・部品、接着剤など商品配送における物流サービスのうち、クレーン付トラック指定料金と小口出荷運賃を有償化、30%以下の低積載車両の出荷見合わせまたは有償化、低積載車両削減のための定期エリア配送便の設定・活用と納期調整を実施する。

生産拠点の再編による輸送距離の短縮化や製造コスト・経費の節減、積載効率の向上による配送の効率化などの自助努力を行っているが、製品供給の安定化と限りある台数での配送能力の改善を図るため、有償化などに踏み切った。

長尺製品を運ぶ平積みトラック(平ボディ車)が減少しているほか、高齢化や普通自動車免許の規定改定の影響などによりドライバーも減少し、景気回復により車両調達が困難な状況にある上、燃料費も高騰するなど、極めて車両確保・運転手確保が厳しい事業環境が続いていた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集