LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

国交省/ミャンマーで海上コンテナの鉄道輸送をトライアル

2014年09月17日/国際

国土交通省は9月17日、ミャンマーで、初の鉄道コンテナ輸送の導入に向けた実証事業として、ヤンゴン港~マンダレー間で、ミャンマー国鉄を活用した海上コンテナのトライアル輸送を実施すると発表した。

<位置図>
20140917kokkosyo - 国交省/ミャンマーで海上コンテナの鉄道輸送をトライアル

国土交通省物流部門では、ミャンマーで初の鉄道コンテナ輸送の導入に向け、鉄道輸送量が最も多いヤンゴン~マンダレー間のミャンマー国鉄で海上コンテナのトライアル輸送を行う。

オペレーション上の課題や効果を検証するとともに、鉄道コンテナ貨物輸送の導入に必要な事業許認可、保税、土地利用等の各種制度・手続きの課題等を調査する。

9月25日に鉄道へのコンテナ積込み、ヤンゴン港出発、26日 マンダレー着、10月2日に鉄道へのコンテナ積込み、マンダレー発、3日にヤンゴン港着の予定。

ミャンマーでの主要輸送手段であるトラック輸送については、脆弱な道路インフラ、都市部の渋滞、コスト高、過積載の常態化等さまざまな課題があり、経済成長を背景に貨物輸送量が増大する中、より効率的な輸送手段としての鉄道貨物輸送への期待が高まっている。

しかし、現在のミャンマーの貨物鉄道は、施設の老朽化が進んでいるうえ、有蓋貨車へ手作業で荷役が行われているなどにより、時間のロスや頻繁な荷痛みなどの課題が生じている。

実証事業を通じて明らかとなった効果や課題は、本年度ミャンマー政府との間で予定されている物流政策対話で議論を行う予定。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース