電気化学/ベトナムに新工場建設、物流・コスト面で優位性

2014年09月10日 

電気化学工業は9月10日、ベトナム工場敷地内に電子・先端プロダクツ部門の主力製品であるエンボスキャリアテープ用カバーテープ「デンカサーモフィルム」の製造工場を建設すると発表した。

建設中の塩化ビニル製粘着テープ「ビニテープ」の新工場と「デンカサーモフィルム」の新工場との一体運営を図るとともに、ベトナムは市場拡大が見込まれる東南アジアに位置し、物流やコスト面での優位性を活かして、より競争力のある製品を供給していく。

既存製品の競争力の徹底強化のため、海外市場向け製品は極力現地生産化することを推進しており、「デンカサーモフィルム」のベトナム工場新設により「生産体制の最適化」を図っていく。

■概要
会社名:DENKA ADVANCED MATERIALS VIETNAM CO.,LTD
場所:ベトナム フンイエン省 第二タンロン工業団地
製品名:デンカサーモフィルム
生産能力:5000万㎡/年
設備完成:2015年9月末(予定)
投資額:約8億円
人員体制:約20名(2016年)
売上目標:約50億円(2017年度デンカサーモフィルム合計)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集