山九/インドネシアに物流センター、前倒しで増設

山九は10月16日、インドネシアの現地法人、山九インドネシア国際が、西ジャワ州ブカシ県に「山九チカラン物流センター2期倉庫」を開設すると発表した。

<完成イメージ図>
20141016sankyu 500x236 - 山九/インドネシアに物流センター、前倒しで増設

着工は2015年2月予定で、開設は2016年4月を予定している。

2月に開設した「山九チカラン物流センター」の2期倉庫として同敷地内に建設するもので、顧客の要望を受けて、前倒しで建設することになった。

2期倉庫の倉庫面積は2万8629㎡と、1期倉庫の1万1307㎡の約3倍近い規模になる予定で、自動車部品を始め、化学品やその他一般消費財等も扱う。

自社開発した倉庫管理・ハンディシステムである「W eb @ Lincs /Plus!」(ウェッブリンクスプラス)を標準導入し、モニタリングディスプレイをセンター内に配置する等、高精度な在庫管理・作業進捗管理を行う仕組みを整えた。

今後の顧客の大型倉庫ニーズにも応えることができる施設品質・拡張性を兼ね備えた、インドネシア東部地区で最高品質の物流センターとして位置づけている。

■概要
名称:山九チカラン物流センター2 期倉庫
住所:西ジャワ州ブカシ県デルタマスシテ
ィー内KITIC( キティック) 工業団地
敷地面積:6万3751㎡ 、
合計倉庫面積:3万9936㎡
(2期倉庫)一般倉庫:2万8629㎡ (2階建)
(1期倉庫)一般倉庫:9322㎡ 、危険品専用倉庫:1985㎡
取扱品目:自動車部品、化学品、一般消費財等

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集