POL/ 倉庫・在庫管理のシステム導入成功事例を公開

2014年11月27日 

ペネトレイト・オブ・リミット(POL)は11月27日、商奉行・蔵奉行(オービックビジネスコンサルタント製品)ユーザーの現品在庫管理ソリューション「在庫リアライザー」の導入成功事例をホームページ上で公開した。

公開した事例はゴールドジム(38店舗)やフィットネス用品ショップ(7店舗)を全国に展開するTHINKフィットネスでの導入の背景から、導入前後の業務改善状況、そして導入効果に至る詳細な業務改善内容を掲載している。

商奉行・蔵奉行などの販売管理システムを使用しており、現品の在庫管理に課題を抱えている人に役立てられるとしている。

なお、「在庫リアライザー」はバーコードを活用して現品と在庫情報の一致を図り、正確な在庫情報に基づいた発注機能で、過剰在庫と欠品の防止を同時に実現する在庫管理システム。

販売管理システム(商奉行・蔵奉行など)と直接連動することによって現場の物の動きをダイレクト(重複入力無し)に販売管理システムに反映することができる。

■事例詳細
http://pol-japan.co.jp/products/zaiko_case2.html

最新ニュース

物流用語集