富士通/中堅・中小の製造業向けグリーン調達ソリューション発売

2014年12月01日 

富士通と富士通マーケティングは12月1日、国内の中堅・中小規模の製造業向けに、グリーン調達業務を効率化し適切に含有化学物質管理を行うソフトウェアパッケージ「FUJITSU Manufacturing Industry Solution PLEMIA EcoLink(プレミア エコリンク)」(EcoLink)を販売開始した。

<シンプルなフラットデザインメニュー>
シンプルなフラットデザインメニュー

富士通システムズ・イーストが開発し、REACH規則やRoHS指令などの製品含有化学物質法規制で禁止・制限されている化学物質を、サプライチェーン全体で適切に把握・管理し、効率よくグリーン調達を行うことができるパッケージ。

不定期に改定される最新の製品含有化学物質の法規制情報を富士通から定期的に提供するため、中堅・中小規模の顧客にも負担なく運用できる。

また、これまで、家庭用電気製品、通信機器、照明装置などが対象だったRoHS指令で、2014年7月より医療機器も適用対象に追加され、この製品では医療機器の含有化学物質の管理にも対応している。

富士通グループは、顧客や社会の環境負荷低減に貢献するグリーンICTプロジェクト「Green Policy Innovation」を推進し、この製品もその一環として提供する。

販売価格(税別)は60万円/1ライセンスから、出荷時期は2014年12月下旬、販売目標は3年間で500ライセンスとしている。

最新ニュース

物流用語集