農水省/青果物流通に大型低温設備、多段階温度管理コンテナで実証支援

農林水産省は2015年度予算で、青果物流通システム高度化事業(1億円)を実施する。

青果物流通の合理化・効率化のため、物流業界との連携による新たな輸送システム(大型低温設備、多段階温度管理が可能なコンテナ等)の導入実証を支援する。

生産者、物流事業者、実需者等が連携し、往路に加え帰り荷も確保することによって積載率を向上させるツーウェイ輸送など、輸送の合理化、効率化を図るための情報交換会の開催、流通実態調査等の取組を支援する。

輸送のムラを回避するため、週末や祝日の市場閉場時等の輸送量が少ないタイミングを狙った効率的な輸送を可能とする消費地域に隣接した貯蔵保冷設備の導入や集出荷貯蔵施設における長期保存技術の導入実証等を支援する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集